6/25 Sat.-26 Sun. 見学会情報を更新しました

 震災を挟んで施工しておりました「新南の家~長期優良住宅」が完成いたします。

 今、仕上げ工事の真っ最中です。 職人さんたちががんばって、丁寧に仕上げてくれています。 もちろんお施主様も負けてはおりません。 塗り壁や床やウッドデッキの塗装はお施主様のDIY!

 どうです? お施主様が塗られた壁です。素敵に仕上がっているでしょう?

 ずっと美しい素材と暮らすために、美しい素材をたっぷり使い、お施主様と二人三脚で仕上げた家。 見学会は、6/25-26の二日間行われます。

 ぜひ、この「美しい素材と暮らす家」を、多くの方に見ていただけるよう願っております。情報は弊社HPのイベント情報よりご確認ください。

 那須林産工業 二代目より

 見学会情報


6/25 Sat.-26 Sun. 長期優良住宅完成見学会

「美しい素材と暮らす家」

年月を重ねれば重ねるほど美しい素材たち。
それは、塗り壁であったり、木であったり。
そう。
美しい素材とは、昔からずっと使われてきた素材です。それ故に、見ればすぐに分かるもの。
しかし、最近の住宅では新建材やクロスに取って替わられあまり見ることがないのでは。

ですが、私たちは敢えて選びました。
これから何十年も暮らす家だから、ずっと住まいが美しくあるように、と。
見るだけでも一興です。
しかし、少しでも感じて下さい。呼吸する木や塗り壁たちが織りなす心地よさを。
 

[パインの床板]
しっとりと吸いつくような肌触りの板。でも、なぜか頼りがいのある風情。その秘密は厚さ20mmにあります。

[鏡面仕上げのキッチン]
まるで美しい楽器のような扉。選び抜かれ、磨かれたキッチンのみが持つ輝きです。

[無垢板の建具]
同じパイン材でもニュージーランドから来たパイン材。開閉が楽で、人にやさしい、その軽さが魅力です。

[レッドパインの羽目板]
欧州赤松と呼ばれる寒い地方で育ったパイン。ずっしりと木目が詰まって美しいのが、人に愛される訳。

[珪藻土の塗り壁]
元は藻類の一種。それが化石となり堆積したもの。多孔質の素材ゆえ、吸ったり吐いたりを繰り返してくれる優れものです。

[長期優良住宅]
国の定める、耐震性、省エネ性、耐久性、維持管理性等の基準をクリアし、認定を受けた住宅。
これからの家づくりのスタンダードとなる家です。

nasurinfryer03

場所: 栃木県那須塩原市新南693-47 

日時: 平成23年6月25日(土)、26日 10:00-17:00

担当: 渡辺ユミ