子どもに安心な自然素材

「無垢の床」「自然塗料」「塗り壁」など…。私たちがつくる家には、多くの自然素材を提案させて頂いております。主に自然素材にこだわる理由は、ふたつあります。

ひとつめは、自然素材が醸し出す「経年の味わいを愉しんで欲しい」から。確かに、無垢材を使った床や建具は「傷がついたら補修する」「オイルやワックスをマメに掛ける」などのお手入れが欠かせません。しかしそれだけに、愛情を込めて使うほどに愛おしく、家族にとってかけがえない存在になってくれるはず。

もうひとつは、自然素材が特に子どもの身体にとって「安心」ということ。現在、住宅の新築やリフォームにはたくさんの新建材が使われることが増えました。しかし、その多くは化学物質を含んでおり、人体への影響は軽視できません。敏感な子どもの肌を、こうした危険にさらしたくないという、強い願いがあります。

自然の素材を提案させて頂く私たちの家づくり。その肌触りの良さと、素朴なテイストを存分に愉しんでいただきたいのです。

閉じる 閉じる

オリジナル造作家具

自由設計の家づくり。空間や内装のイメージに存分にこだわって欲しい。だから私たちがご提案する家は“職人が手作りで作るオリジナルの造作家具”が多いのです。

造作を施す場所や、種類はさまざま。たとえば内装空間をひきたてる「棚」「収納」、暮らしやすさを支える「キッチン」「洗面台」「テーブル」などの一点一点に至るまで、ご要望をお伺いしたうえでデザインし、丁寧に、丁寧に造作します。

わたしたちは工務店。だから「木」の加工や造作はお手のもの。厳選された「木」の表情を愉しめる、オリジナル造作家具。私たちがご提案したい上質な空間が、ここにあります。

閉じる 閉じる

最小限の
ランニングコスト

「どんな建物を建てるか?」という判断を間違えると、将来の家計を圧迫し続けかねない…。そのことを熟知しているからこそ、私たちは“暮らしのランニングコスト”が掛からない家を建てています。

たとえば、もし安さに惹かれてローコスト住宅を建てるとします。見えない部分の材料の痛みや劣化は速く進み、多額の補修費用が必要となるでしょう。

では、平均的な木造一般住宅の場合は? 約30年(耐用年数)後の建て替え、固定資産税を含めると、高性能住宅を一度建てた場合と較べて、総コストで「約1,000~2,000万円もマイナスになる」という試算があるほど。

それだけではなく、建物だけでなく、数十年間にもわたる暖冷房コストの損失額は膨大なものです。

私たちが採用する、日本屈指の性能を誇る高断熱・高気密住宅「FPの家」は省エネに優れ、建てたあとの住まい手の経済的負担を大きく軽減します。「高品質」「高耐久」「省エネ」な建物を選んで、新築後のランニングコストを最小限で済ませる。これが私たちからの提案です。

閉じる 閉じる

最高レベルの地震対策

耐震住宅を謳った商品は、世の中に星の数ほどあります。しかし私たちが建てる家は、少し違います。何が違うのでしょうか?

2016 年に、熊本を襲った大地震。震度7の揺れが、連続2回発生するという前代未聞の地震。破壊的なエネルギーが、建築基準法通りに建てた木造住宅を軒並み倒壊させてしまいました。この教訓から私たちは、建築基準法通りの強度では、将来迫り来る大地震に対抗できないと考えたのです。

私たちが、地震対策の決め手として採用したのが「ピン工法」と呼ばれる工法。さらに設計時に許容応力度計算を実施し「耐震等級3」で建物を計算。加えて、各壁にはめ込まれた断熱パネル「FPパネル」の面構造が、躯体の高剛性化に寄与し、他に類をみない耐震住宅を誕生させました。

かけがえのない財産である「家族」と「家」を、災害によって失わせない。私たちは、最高レベルの地震対策を施した建物で、家族の未来の安心と安全を守り続けます。

閉じる 閉じる

”本当に”暖かい住まいとは?

寒い那須の冬。住宅メーカー各社は、断熱や気密性能の数値上の比較に凌ぎを削っています。一方、私たちが建てる家は“本当に”暖かい住まい。だから、スペック性能以上の「本物の快適さ」を体感できる住まいです。

住宅の断熱・気密性能を示すUA値。国が設定する基準値のハードルは非常に低く、大抵のメーカーの建物なら楽々クリアできてしまう。その結果、本当の居住性を体感し、納得する前に、広告のコピーをみて買う家を決めてしまうというケースも少なくありません。

私たちがつくる高断熱・高気密住宅「FPの家」は、断熱の性能値(平均UA値:0.4W/m3K程度)が国内トップクラスの水準を誇ります。しかし私たちがそれ以上に伝えたいのは、この家に住まう施主様が伝える体感性能。「空気の質感が違う」「年中春のような優しい暖かさ」など、他の建物とは快適さの「質」が違うのです。

那須林産工業の家は暖かい家。本当に快適な暮らしやすさの「質」を、皆様に提供したいと願っています。

参照:UA値、C値の実績一覧

参照:FPの家

閉じる 閉じる

100年家を長持ちさせる

“100年家を長持ちさせる”。これが私たちの家づくりのコンセプトです。壁体内結露を許さない躯体の構造、優れた耐久性の実現のために設計・施工面で行う数々の工夫、飽きがこない自然素材の風合いなど。何世代にもわたって住まい手が安心して暮らせるよう、アイデアに満ちた家です。

どうしてこんな考え方に至ったのでしょうか? ひとつには、子どもたちが暮らす未来の社会への想い。「壊して建てればいい」が常識の住宅業界。エコとは程遠いこの慣習に対し、疑問を抱くのにさほど時間は必要ありませんでした。もうひとつは「家」に必要な、経済的負担への想い。たった 20~30 年で住めなくなってしまう住宅商品に、数千万円もの大金をつぎこむ現実。

これを「変えなくてはいけない」という想いが湧きあがってきました。大切な資源やお金を無駄にすることなく、有意義に使っていける社会にしたい。私たちはそのことを、家づくり企業として成すべきコミットメント(使命)であると考えています。

閉じる 閉じる

3つの品質保証

私たちの建物には万一のリスクがあった場合、以下3つの保証をお付けしています。

  1. 瑕疵保証

    当社の建物は品質上の瑕疵が無いよう細心の注意を払って施工しております。もしも万一、お引渡しの建物に関して品質、機能、性能上の瑕疵や欠陥があった場合は保証をいたします。

    参照:住宅かし保険

  2. シロアリ保証

    当社の建物はすべて建築時にシロアリ予防のための施工を実施しております。もしも万一、お引渡しの建物にシロアリが発生し建物へ損害を与えた場合は保証をいたします。

    参照:しろあり保証制度

  3. 地盤保証

    当社は建物建築の前の地盤調査と確認を行っております。もしも万一、あらかじめ地盤調査および補強を行った土地に関して瑕疵があった場合は保証をいたします。

    参照:地盤サポートシステム

閉じる 閉じる

徹底した計算・測定

私たちは快適で安心・安全な家を建てるために、断熱性能の計算、気密の測定、空気環境の測定、また地震に耐える許容応力度計算を行っております。

お引渡しまでにこうした万全のチェック体制で臨む私たちの家づくり。眼に見えない品質にトコトンこだわっています。

  1. 気密測定

    「断熱」と「気密」は高断熱・高気密住宅ではいわば車の両輪。隙間が無いことで冷気を屋内へ侵入させないだけでなく、暖めた空気を外へ逃さず室温を一定に保てます。

    目標数値は相当隙間面積(C値)=1c m2 /m2以下という大変厳しいもの。施工後に全棟で気密測定を実施、合格した家のみお引渡しいたします。

  2. 外皮計算

    平成25年度に施行された新たな省エネ基準。ここで、住宅の断熱性能の算出方法が「熱損失係数(Q値)」による従来のものから「外皮平均熱貫流率(U値)」へと変わりました。

    私たちがつくる家ではこの新基準に対応すべく、全棟で外皮計算を実施。建物から逃げる熱の総量を計算することで、省エネ性能を厳しくチェックします。

  3. 環境測定

    恐ろしい健康被害を引き起こす「揮発性有機化合物質(VOC)」。

    私たちは「住宅品質確保促進法」に基づき、VOC室内濃度の測定をお引き渡し前に実施。測定はバッジ式で窓、扉、クローゼット、押し入れ収納扉などを全て開放、30分の換気後外部への開口を閉ざして実施し、住宅内の有害物質“ゼロ”を目指します。

  4. 許容応力度計算

    恐ろしい地震災害の脅威。それに対応するために、私たちの家は「耐震等級3」の建物強度を基準に施工されます。

    前提となる強固な基礎づくり、地盤の見極めや補強以外に、最も重要なのが建物の許容応力度計算。

    バランスよい間取りや耐力壁の確保、「ピン工法」による補強箇所の適切な配置など、徹底的に耐震構造を見直し設計を行っています。

参照:UA値、C値の実績一覧

参照:ピン工法

閉じる 閉じる

壁体内無結露50年保証

私たちは構造体をそのままに、内外装のリフォームだけで何世代にもわたって住み続けられる家を目指しています。そのためには、壁の中に発生する結露をゼロにする必要があります。

ここにある 2 つの画像は、住宅の解体現場を撮影したもの。共に築 20 年程度、左が一般木造住宅、右は私たちが採用しているFP断熱パネルを施工した住宅です。

壁の中の状態を比較するとわかるように、FPの家は柱や梁などの構造体、配管の周辺まで非常に綺麗な状態を保っています。

一方、一般住宅の壁の中は劣化が激しく、その差は歴然。どうしてこのような差が生じたのでしょう?その原因が水分。水分が壁の中へ入り込んで結露を生じさせ、長年の間に構造体を腐らせてしまうのです。

私たちが建てる家は、この「結露」への対策が万全。建物にカビが生じないので、住まいの経年変化が起こりにくいといえます。“無結露”への絶対的自信。私たちが建てた家には全棟 50 年間の壁体内無結露保証をお付けしています。

参照:無結露50年保証

閉じる 閉じる

那須林産工業株式会社

2021.12.14 家づくり

こどもみらい住宅支援制度の概要説明

こんにちは! 栃木県 那須塩原市、那須町、大田原市 を中心として 自然素材を使った本当に暖かい、高断熱高気密で耐震等級3の注文住宅を建てている那須林産工業です。
本ウェブジャーナルでは、家づくりに役立つ情報をお伝えいたします。今回は、令和3年度補正予算にて発表された「こどもみらい住宅支援制度」の現在公表されている概要を、主に新築に的をしぼってざくっと説明していきます
(令和3年12月時点での情報なので、誤っていたり、変更があった場合はご容赦ください)。

1.「こどもみらい住宅支援制度」とは(主に新築の解説)

「こどもみらい住宅支援制度」とは、子育て世帯や若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減、及び、省エネ性能を有する住宅ストックの形成、という二つの目的を図るために、令和3年度補正予算にて新たに設けられ、令和4年から執行される制度です。子育て世帯や若者世帯が高い省エネ性能を有する新築住宅を取得する際や、住宅の省エネ改修等に対して最大で100万円の補助金が交付される予定です。

国土交通省のプレスリリースはこちら↓

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000195.html

ズバリ! 対象となる新築住宅は、以下①から③のいずれかとなります。

国土交通省所管こどもみらい住宅支援事業の概要より

ZEHといった高い省エネ性能を有する住宅により多く補助金が充てられます。元々高性能住宅に太陽光を搭載した住まいを建てたいと思われている方は、最大額が得られるのでZEH取得を目指した方が良いでしょう。
但し、①~②の認定住宅には、申請費用(10万円~50万円、弊社の場合は20~25万円)がかかったり、太陽光発電、高効率給湯や節水型設備等の設備のランクアップ費用に結構予算を割かなければなりません。

なので、純粋に、自然素材や他の設備に補助額を充てたい場合は、補助額は60万円ですが、③の省エネ基準に適合させる住宅を目指した方が良いと思います。この省エネ基準に適合していることの証明には、建築士の説明書の添付で良いそうです。この説明書は建築士の義務なので、費用はかからないか少額と思います。ですので、60万円に近い額を他の費用に充てることができますね。

それでは、昨年存在したグリーン住宅ポイント等の住宅支援の補助制度と、今回の「こどもみらい住宅支援制度」は大きく異なる点が2つあります。以下、異なる点を確認していきましょう。

2.異なる点その1:補助金を受け取れる対象世帯は限られる

制度の目的にうたっている通り、新築の場合の対象となる世帯は、子育て世帯、若者夫婦世帯に限られます。※リフォーム工事の場合は、対象世帯の制限はありません。
単身世帯や中高年齢世帯は新築に対する補助金は受けられませんのでご注意を。ちなみにの子育て世帯、若者世帯の定義は以下の通りです。必ず事前にご自身が対象世帯かどうかご確認なさってください。


・子育て世帯とは、申請時点において18歳以下の子(*1)を有する世帯
・若者 夫婦 世帯とは、申請時点において夫婦のいずれかが39歳以下(*2)の世帯

      *1 平成15年(2003年)4月2日以降出生の子
      *2 昭和56年(1981年)4月2日以降出生

C値0.1 UA値0.28 FPの家 那須塩原市 自然素材
UA値0.28 C値0.1、2021年竣工の弊社のFPの家
申請時に18歳以下の子いるか、夫婦のいずれかが39歳以下なら、対象世帯となる。ぜひ性能の高い住宅を建てていただきたい。

3.異なる点その2:使途が決められたポイント制ではなく補助金である

昨年のグリーン住宅ポイントがポイント制であったのに対して、今回は有難いことに補助金です。お金ですので、単刀直入に言うと、使途は自由です。
また、補助事業者となるのは建築事業者(建売の場合は販売事業者)であり、建築主・住宅取得者であるお施主様は共同事業者という位置づけになります。

着工後に交付申請となることも注意が必要。基礎完了すれば出来高が補助額を超えるので、即交付申請ができるようになる。

もちろん、この補助金は、住宅取得者に還元される必要があります。しかし、その還元方法は、あらかじめ申請時に両者で同意しておけばよいそうです。しかも、着工後、出来高が補助額を超えれば交付申請が可能となるので、お引渡し前に交付・入金となる可能性が高いでしょう。例えば、追加工事費用、家具・家電取得に充てたり、お引き渡し後の外構費用等、色々便利な使い方ができそうですね。

C値0.1 UA値0.28 FPの家 那須塩原市 自然素材 オーダーテーブル
弊社で作成した無垢の木のダイニングテーブルのあるUA値0.28の自然素材の家。新築に合わせて作られるダイニングテーブルなら補助金の使用にぴったりの追加工事だ。

4.「こどもみらい住宅支援制度」を受ける上での注意点

現時点(令和3年12月中旬)での、本制度を受ける上での注意点を記載しておきます。

・対象となる契約期間
  → 令和3年11月26日から令和4年10月31日まで
・請負業者の事業者登録が必要
  → お願いしたい建築業者に、早めに事業登録しているか(するか)確認しましょう。
・補正予算閣議決定日(令和3年11月26日)以降に契約を締結し、事業者登録(令和4年1月開始予定)後に着工したものでないと対象とならない。
  → 閣議決定前に契約し、もう、着工してしまったものは対象とはなりません。1月の事業者登録前に着工してしまっても対象とはなりません。
・事務局やHPの開設は来年一月中旬を予定
  → 事業者登録の方法や、申請の詳細等はまだ確定ではないようです。来年1月中旬の事務局やHPの開設を待ちましょう。また、交付申請は来年の3月頃と公表されているので、この点も注視していきましょう。 
・予算はグリーン住宅ポイントの半分
  → 今回の予算は542億円。なんと、グリーン住宅ポイントの約半分です。とにかく、早めに計画を決め、着工・申請し、補助金を受けた方が確実です。夏を超えたあたりでどれくらい予算が消化されているか確認した方が良いと思います(ただし、対象世帯が限られているので、意外に予算消化までに余裕があるかも知れませんが・・・)。
・ZEH、長期優良住宅、認定低炭素住宅、性能向上計画認定等は、所管行政庁(都道府県、市又は区)または認定団体の認定が必要
  → 所管行政庁や認定団体が絡む場合は、余裕を持ってスケジュールを見ていた方が良いです。役所や団体の込み具合によっても異なるのですが、やり取りにやはり時間がかかります。弊社では、ZEH、長期優良住宅、認定低炭素、性能向上計画の場合、間取りや仕様確定後の、申請から着工まで2か月ほどお時間いただいています。計画や設計依頼は早めにされることをお勧めします。

5.まとめ

まず肝心なのは、ご自分が対象世帯であることを確認することです。また、補助額が大きいもの程、外部への申請、認定が必要なので時間がかかります。予算規模が前年より大幅縮小されていて、予算消化が早いかもしれないので計画は可能な限り急いだ方が良いでしょう。建築会社を早めに決め、計画を行って、迷わず着工・申請するに越したことはないというのが結論です。
ただ、予想以上に補助額が大きい支援制度が整えられたので、来年こそマイホームをと思っている方にはこの制度は朗報であることは間違いないはずです。この機会に、多くの子育て・若者世帯に、省エネ性能が高い住宅を計画していただきたいです。省エネ性能が高い住宅ならば、その後の暮らし自体が快適で、環境貢献度も高く、経済性も優れた家になることでしょう。

UA値0.33のZEH 、那須塩原市
弊社で2019年竣工のZEH住宅。UA値0.33、C値0.4、耐震等級3と基本性能が高く心地よく暮らせるZEHを目指している。

※リフォームに関しては、別途ご興味ある方にご説明させていただきます。ぜひお問い合わせくださいませ。

住まいのご相談、資料請求は、こちらのお問合せより↓↓

私たちは、、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。
注文住宅の施工エリア:栃木県北部・那須塩原市・那須町・大田原市・矢板市・那珂川町・さくら市

那須塩原や那須、大田原での家づくり、田舎暮らし、Uターン、Iターン、移住、二拠点生活、応援します!

弊社の家づくりを行っている建築士はこちら↓↓

弊社のUA値、C値実績はこちら↓↓